2019年3月

  

3/1 串や鶏Hiro(改称)

(新町)

鶏ラーメン(しょうゆ) 2010年からこの場所で営業を続けてきた豚串養豚場というお店が業態を変更して「串や鶏Hiro」という店名になっていました。
旧店時代もランチタイムにラーメンを提供していた時期がありましたが、こんどはダシを豚から鶏に変えて再びラーメンを出すようになっています。 鶏料理の店だけに鶏ダシのラーメンはわりとよくできていると思いますが、「わりとよくできている」というレベルなら800円は高いかもしれません。
なかなか難しいところです。

鶏ラーメン(しょうゆ) 800円

3/4 桃源

(新町)

五目つゆそば そごう千葉店10階レストラン街の高級中国料理店「桃源」で優雅なランチと洒落こみました。
ゆったりしたテーブルに品のある接客で、汁そば一杯しかたのまないのが申し訳ないような雰囲気です。 注文した五目つゆそばは、さすが高級店ならではの深いコクのある上品な仕上がりです。
似たようなメニューを日高屋で食べれば3分の1のお値段ですが、どちらにも存在理由があるのだなあと思います。

五目つゆそば 1620円+サービス料10%

3/6 いきなりステーキ千葉浜野店

(浜野町)

乱切りカットステーキ200g いきなりステーキがどんどん郊外に進出しています。 少しいい肉をスピーディに安くという当初のコンセプトはどこへやら。 郊外や地方では特段特徴のない大衆ステーキチェーンになっています。
この日注文したのはランチ限定の乱切りカットステーキ。 悪く言えば端切れ肉の寄せ集めですが、よく言えばお得なメニューです。
卓上のソースをかけてワシワシと肉を食らえば活力が出てくるような気にはなります。 それがステーキのいいところでしょう。
  しかしロードサイドに進出となると、ブロンコビリーとかあさくまとかステーキガストとか万世とかステーキ共和国とか、数多の強力なライバルたちが手ぐすね引いて待っています。 しかもラーメンや牛丼といった者どもにも勝たなければなりません。
先行きは甘くはなさそうですが、どうでしょうか。

乱切りカットステーキ200g 1188円

3/8 かつうら久七丸

(中央)

バクダン定食 目立たぬ場所にありながら手ごろで良質なランチで人気のかつうら久七丸に久しぶりに行ってみましたよ。
この日注文したのはバクダン定食。 マグロぶつに粘る食材をいくつか乗せたものをなぜバクダンと呼ぶのはわからないけれど、ごはんによく合うことはまちがいない。
マグロとオクラ、納豆、とろろにたくあん、葱、卵黄と海苔がかけられたバクダンに醤油をたらしてからよく混ぜてごはんにオン! このバクダン丼だけでも十分なのに、他に刺身、サラダ、煮たマグロまでついてきます。 これで750円はお得としか言いようがなく、しかもうまい。
安定の人気には理由があります。

バクダン定食 750円

3/11 鳥吉

(稲荷町)

さけ焼定食 「なぜこんな場所に」型のお店はたまにありますが、ここもそういうお店のひとつでしょう。 周辺に飲食店が集まっているわけでもなく、大きなオフィスが近くにあるようにも思えない立地ながら、ランチタイムにはなぜかお客さんがいっぱいというお店です。
この日もおいしい定食を求める人で席が埋まっていました。 揚げ物、刺身、焼き魚など、豊富な定食が用意されており、みな思い思いの品を食べています。 そんな中で注文したのはさけ焼定食。
味噌汁に小鉢にお新香にデザートまでセットされ、これぞ正統派の定食です。 しじみの味噌汁はしみじみとした味わいだし、鮭の焼き加減も最適で実においしかった。
食後、正しい食事をしたなあと思えるのが人気の秘訣かもしれませんね。

さけ焼定食 850円

3/12 味噌屋雷門

(富士見)

温泉玉子付き豚丼 2002年からこの場所で営業を続けているらいもんを訪れるのは9年ぶりです。
一部がテーブル状になっている変形カウンターに座りました。 9年前ともなると前回いただいたラーメンがどんな味だったかもよく覚えていないわけですが、お店の売りである味噌ラーメンを差し置いて店内ポスターで見かけた豚丼をたのんでしまいましたよ。
ほぼ豚肉オンリーの潔い豚丼は、ニンニク醤油のパンチの利いた味付けで、イメージは「すた丼」か。 濃い目のタレはごはんとの相性がよく、途中で温泉玉子を和えたりしながら一気に完食。
ラーメン屋で丼物という変化球でしたが、これはなかなかいい選択だったかも。

温泉玉子付き豚丼 740円

3/13 ガガル千葉中央店

(中央)

ビジネスランチA(ダルフライカレー) 2019年2月、またしてもインド料理店が中央地区にオープンしました。 インド人(ネパール人かな・・・)は働き者だなあ。
ガガルは千葉市内ではそこそこ名が通っているお店で稲毛区園生町に本店があります。 中央区内ではかつて生実町に店舗を構えていたことがあるけれど、中心市街地への進出は初めてです。
インド料理店にしては珍しくカウンター席があり、おひとり様でも気楽に過ごせるのはビジネス街ならではでしょう。
ランチメニューには平日限定のビジネスランチというものがあって、カレー1種類のビジネスランチAは税込みで640円です。 しかも選べるカレーは8種類もあります。 というわけで、ビジネスランチAをダルフライカレーで発注しましたよ。
ナンをちぎってカレーを掬っていただきます。 けっこう味に深みがあっておいしいではありませんか。
園生町本店は歴史があるお店だけに、こちらも新店とはいえ味の方も洗練されているのかもしれません。

ビジネスランチA(ダルフライカレー) 640円

3/14 キムチの郷荒井食品

(栄町)

特盛カルビランチ 栄町の一角にキムチ等の製造販売を業とする荒井食品という会社の販売店がある。 界隈に数多ある韓国料理店御用達のお店なのかしらと思っていたけれど、2018年6月に店舗をリニューアルしてイートインコーナーが設けられた。
キムチをはじめとする韓国・朝鮮のいろいろな食品を扱う販売店の店頭にランチののぼりが掲げられ、小さいメニュー黒板もおかれている。 店の奥の方にパーティションで区切られたイートインコーナーがあり、テーブルが5卓並んでいた。
簡易なイートインコーナーかと思いきやメニューは豊富で、焼肉やチゲの定食、冷麺、ビビンバなどがひととおり揃っている。 ふと壁に目をやると特盛カルビランチ、カルビ200gで1000円という品が目に留まった。 これだな、と思い注文してみましたよ。 熱々の鉄板に乗ったたっぷり200gの肉が運ばれてくると、さすが特盛の迫力がある。 だが肉の質は微妙であって、それをカバーするほどのパンチがないタレの味でやや期待とは違った。 ほかのメニューはきっとおいしいのでしょう。 知らないけど。

特盛カルビランチ 1000円

3/15 濱龍

(登戸)

豚肉と野菜炒め定食 前回訪問時の2010年9月にはランチメニューは598円という安さで人気だったが、2019年3月現在で720円に値上がりしていた。 そのせいかどうかはわからないけれど、9年前よりも空いている客席で注文したのは豚肉と野菜炒め定食。
主にうま味調味料と塩で味付けられた肉野菜炒めは炒め加減はよくできている。 少々モヤシ多めではあるが、まあ及第点と言えるでしょう。
こういうお店は普段使いのランチスポットとして重宝します。

豚肉と野菜炒め定食 720円

   

 

ComingSoon