2018年4月

  

4/2 ベンガルタイガー

(松波)

平日ランチセット(レント豆とマトンのカレー) またぞろインド料理の店がオープンしたのかと思ってあまり期待もせずにやってきたのだけれど、店頭のランチメニューを見ると、日替わりがレント豆とマトンのカレーだという。 日替わりでマトンのカレーを出すとは勇気があるなと思いながら入店した。
店内は明るいカフェ風で、インド料理っぽさはなく、以前のお店の居抜きなのかなという雰囲気。 陽射しの入る窓際のテーブルで日替わりのマトンのカレーのランチをたのんでみましたよ。
そこでライスにするかパラタにするかを尋ねられ、ナンじゃなくてパラタとは珍しいなとさらに感心しつつも、ライスをたのんだのでした。
そして運ばれてきたカレーを見て驚愕。フレンチのような皿に美しく盛り付けられて出てきたのです。 これがマトン特有の味わいを感じる絶妙な味付けでうまい。 ライスもパラッパラのインディカ米で、カレーにベストマッチ。
凡百のインド料理店とは一線を画した料理と盛り付けにやられました。

平日ランチセット(レント豆とマトンのカレー) 850円

4/3 ニューラーメンショップ蘇我店

(宮崎町)

ねぎみそラーメン ラーメンショップとニューラーメンショップは別のグループだそうですが、それぞれのグループ内でさえ統一感があまりないので、まあ似たようなものだが店によってずいぶん違うと理解しておけばよいでしょう。
そんなニューラーメンショップでねぎみそラーメンをたのんでみた。
出汁がライトめなので飲みやすいスープは特に印象を残すこともなく、そこそこおいしかったような気がして、なんとなくお腹がいっぱいになって、ハイごちそうさまというルーチンの中にあるのが似つかわしいようなねぎみそラーメンでございました。

ねぎみそラーメン 800円

4/4 ポンパドウルカフェ千葉店

(新町)

ハムとグリュイエールのサンドセット 千葉駅方面からそごうに向かい、地下へのエスカレータを降りたところにあるポンパドウルです。
長らくこの場所にあって、カフェとしても定着しているようですが、久しぶりに行ってみました。
ハムとチーズのサンドウィッチをたのんでみましたが、1000円超のランチとしては見た目がかなり地味でした。
味は悪くはないけれど、地味でパッとしない。 写真映えしない。

ハムとグリュイエールのサンドセット 1026円

4/5 ASHITABA

(富士見)

鰻重(並) 富士見町の裏通りを歩いていたら「うなぎ」のノボリが出ているのが目に入ってきた。
貸店舗の「まる空間」でうなぎの店が期間限定出店でもしたのかしらと近づいてみると、その隣のアシタバでうな重を提供していたのでした。 しかも、鰻重並が税別1500円! 昨今のうなぎ価格高騰の折、この破格の安さには目を疑った。
さっそく入店すると卓上にはお品書きが置かれ、「オープン記念期間特別限定価格」と書かれている、お吸い物とお新香がついて税別1500円の鰻重(並)をいそいそとたのんでみましたよ。
柔らかいけれど香ばしさが少ない鰻でタレは辛めでスッキリしたタイプ。 さすがに専門店の炭火焼きとは比べものにならないけれど、2018年現在で千円台でうな重がいただけたのは僥倖だった。

鰻重(並) 1620円

4/6 銀シャリ家御飯炊ける千葉中央店

(中央)

千葉餃子定食 「炊ける」の店名が千葉中央に戻ってきました。 2005年8月まで富士見2丁目に同名の店がありましたが、なんと13年ぶりに中央2丁目に復活です。
こんどのお店は簡素な客席でリーズナブルに地産地消を楽しめるコンセプトのようで「地産地消千葉餃子」のちょうちんが目立っています。 入店し、ランチメニューを眺めると、餃子のほかに生姜焼き、酸辣湯?、麻婆豆腐と中華のバリエーションでした。
最初は素直にお店の売りであると思われる餃子定食をたのんでみましたよ。
定食は餃子10個と書いてあったのに最初に餃子5個の皿が出てきたので、間違いかなと思いきや間もなくもう一皿出てきて、餃子2皿という奇妙な定食の姿になりました。 焼き立てアツアツの餃子にタレをつけて、ごはんに一旦着地させてから口に運びます。そしてちょびっとタレのついたごはんをパクリ。
うまい。餃子にビールは鉄板だけど、ごはんのおかずとしてもいいよね。

千葉餃子定食 700円

4/9 牛バルこじまや千葉店

(富士見)

牛バルのステーキ重 パルコの閉店で通りの客層も変わったのか、富士見本通りに大人向けのお店が増えつつあります。 ビルの1階に広めの間口を構える牛バルこじまやというお店がオープンし、ランチ営業も始めていました。 牛バルは「うしばる」と読むようで、牛肉をメインにワインやビールを楽しむというコンセプトのようです。
ランチメニューも、ステーキ、ビーフシチュー、ハンバーガーなど徹底して牛肉づくしであります。 それなりにいい牛肉を使うと原価も張るようで、ランチメニューは千円台の中盤がボリュームゾーンとなっています。
この日注文したのはステーキ重。 ガーリック強めの濃い目の醤油ダレに、フライドガーリックもトッピングされ、薄切りのステーキながらパンチの利いた味わいでごはんが進みます。 と言うか、少しタレが濃すぎかもしれません。 とにかくごはんが進みました。

牛バルのステーキ重 1598円

   

 

ComingSoon