2017年7月

  

7/3 鮨割烹みどり

(春日2)

おまかせちらし
おまかせちらし
建物は現代風になっていますが、昭和28年創業で地域住民の会食の場として親しまれてきたみどり鮨です。
平日限定でお得なランチセットも用意されているので、ひとりで食事している人も多く、これといった機会でなくとも気軽に利用することができます。
ちらし寿司のセットは茶碗蒸し、デザートまでついて1080円です。
ネタはまったく標準的で、お味のほうも無難な仕上がりといったところですが、店の雰囲気でなんとなく贅沢した気分にはなりますね。

おまかせちらし 1080円

7/4 万寿苑

(本千葉町)

冷しそば 7月の声を聞けば冷やし中華を食べたくなります。
千葉中央駅近くの中国料理店、万寿苑で冷やしそばという名の冷やし中華をたのんでみましたよ。
涼しげなガラスの器に盛られた冷やしそばは、チャーシューや大振りなエビといった具材がたくさん乗っていて、さすが1000円のメニューです。 ごまだれも香ばしく、バランスのよい冷やしそばです。
ただ、個人的には冷やし中華は醤油ダレのほうがさっぱりして好きなのであります。

冷しそば 1080円

7/5 KONNICHIWA Italian DELI ペリエ西千葉店

(春日)

ナスのペンネアラビアータ(辛口)セット
ナスのペンネアラビアータ(辛口)セット
千葉市発祥で、以前はパルコや三越などにも店舗を展開していたスパゲティ専門店の今日和ですが、千葉市中央区に限って言えばここ一軒になってしまいました。 その、西千葉駅北口すぐのガード下にあるコンニチワイタリアンデリに行ってみましたよ。
夏の日差しがまぶしい中、客席は開放感あふれるオープンスタイルでの営業です。 「今日和」イコール「メニューが多い」という経験則はここでもあてはまり、たまにしか来ない自分のような客には「本日のおすすめ」を選ぶというのもベタな帰結となります。
しかも、この日の「本日のおすすめ」は、ショートパスタ好きの自分にはおあつらえ向きの、ペンネアラビアータでした。 少し考えて、350円の「お得なセット」(スモールサラダ+ドリンク)を付けて発注しましたよ。
辛めのソースがよく合うもちもちのペンネを、ちまちまと一本づつ口に運ぶ作業がなんとなく楽しい。
ただ、350円で「お得な」を主張するにしては、セットのスモールサラダはもうちょっと工夫が欲しかったような。

ナスのペンネアラビアータ(辛口)セット
650円+350円

7/6 海鮮食堂かいじ

(道場南)

海鮮ランチ 千葉テレビなどがある台地の下の街道沿いに建設現場事務所のようなプレハブの店舗が置かれたお店ができていました。 その名も「海鮮食堂かいじ」です。 「かいじ」という音からは「甲斐路」を連想しますが、甲斐の国の山梨県では海鮮食堂には似つかわしくありません。 すると、海自?海事?それともカイジ?
まあ、そんなたわ言はさておき、海の幸をメインとしたメニューが揃うお店なのであります。 店内も簡易ながら意外としっかりした客席があって、先客もひと組ありました。 お昼のメニューも海鮮を主体とする定食や丼物で、店頭の黒板や店内メニューでも一押しの海鮮ランチをたのんでみましたよ。
海鮮ランチとは、そのまま丼に乗せれば海鮮丼になりそうな刺身盛り合わせと小鉢2品の定食です。 この日の刺身は、マグロ、サーモン、海老、甘エビ、タイ、北寄貝、かつおたたき、タコ、炙り〆鯖、炙りフグというバラエティに富んだものでした。 1000円なら納得の具材で、普通においしくいただきました。

海鮮ランチ 1080円

7/11 uni cafe & bar

(富士見)

五穀米カレー 雑居ビルの階段を上った先にある黒いドアの先には何が待っているのでしょう。
それは静謐で芳醇で馥郁たる香りに満ちた空間かもしれません。
カレーの後にいただいた、もえぎやブレンドという珈琲がひどくおいしかったことが思い出されます。

五穀米カレー 500円

7/13 玄品ふぐ千葉の関

(中央)

てっちり小鍋御膳 以前中央1丁目に出店していたふぐ料理のチェーン「玄品ふぐ」が中央3丁目にオープンしたのが2016年9月です。
中央1丁目時代も含め、ランチ営業は行っていなかったと記憶しているけれど、2017年の夏に向けての季節にひっそりとランチ営業が始まっていました。
店頭の掲出されたランチメニューを見れば、税抜き1390円〜というそこそこのお値段です。 ふぐ料理としては手頃なチェーン店でも、やはりふぐは高級食材ということでありましょう。
思い切って入店すれば、BGMにジャズが流れる落ち着いた客席が待っていました。 夏だけども、ふぐ料理といえば鍋かな、というわけで、てっちり御膳を発注です。
小鍋のてっちりはあっさりしたダシにふぐの旨みが加わって、しみじみとおいしいことはまちがいないけれど、これにはごはんじゃなくて日本酒ですね。 天ぷらと小鉢とお新香でご飯をいただきましたが、やはりてっちりはお酒と共にいきたいものです。

てっちり小鍋御膳 1800円

7/18 大阪王将千葉中央店

(富士見)

並盛極上うなぎ炒飯 富士見本通りを歩いていて大阪王将の前を通りかかったら「うなぎ炒飯」と書かれたポスターが目に留まった。 しかも、炒飯に刻んだ蒲焼がまぶされているのではなく、炒飯の上に蒲焼が乗っかった斬新なスタイルだ。
素直に考えれば、新たな味の開拓ともとれるが、今や貴重な食材になりつつあるうなぎに対する冒涜のようにも思えるし、とにかく一度食べてみないとなんとも言えません。 入店し、カウンターについて、さっそくうなぎ炒飯を発注してみましたよ。
さらりと周りを見てもこのメニューをたのんでいる人は皆無。 大阪王将にしては値の張る970円を怪しげなメニューにぶち込んでみようという心意気のある人はそういるものではないでしょう。
さて、運ばれてきたうなぎ炒飯、おたまで丸く盛られた普通の炒飯に蒲焼がデーンと乗っているだけ。 見た目の破壊力はすごいが、蒲焼のタレが炒飯に染み込んでいるでもなく、本当に乗っかってるだけという・・・。 うなぎ自体はそう悪いものではないが、蒲焼の甘辛いタレとごく普通のチャーハンとがハーモニーを奏でることはなく、味の方向性はバラバラだ。
要するに、うな重・うな丼の、銀シャリと蒲焼とタレと山椒という組み合わせの完成度を改めて認識させられただけだった。

並盛極上うなぎ炒飯 970円

7/19 さくら

(弁天)

Bセット(ベジタブル+アルサグ) 「さくら」という純和風な店名なのに、インドアジアンレストラン&バーを標榜しているところをツッコむのは、なんだかしてやられたような気もするけれど、どうしてもそこに触れたくなってしまう店名です。
ランチメニューを見ると一応フォーやガパオもあって、インド料理だけじゃないんだぞという姿勢は感じますが、基本はインド料理のようです。 というわけで、カレーが2種類選べるBセットをたのんでみましたよ。
ひとつはベジタブル、もうひとつは日替わりのアルサグ(ジャガイモとほうれん草)にしてみましたが、結果的に野菜ばかりになってしまったことに注文後に気付きました。
ふんわりしたナン、野菜だけでもコクがあるカレー、なかなかおいしいですね。

Bセット(ベジタブル+アルサグ) 950円

7/20 3minutes kitchen

(問屋町)

自家製カップ麺(みそ)セット 2017年7月1日、あのポートタウンがリニューアルオープンしました。 商業施設として、座して死を待つより出て活路を見出そうということでしょう。
1階にはインバウンド志向と周辺住民志向を兼ね備える新たな趣向のラオックスが入り、ランチ可能な店舗は、なんとカップラーメン専門店なのです。
カップ麺という大衆食を扱うわりには、お店の造りはスタイリッシュです。 全国から集められた数十種類のカップ麺をその場でいただけるということですが、お店オリジナルの自家製カップ麺に興味を惹かれました。
自家製チャーシュー、自家製肉そばろと刻み葱が乗り、スープは豚骨、味噌、醤油から選べるというものです。 これにドリンクとライスがついて税別298円。 味のほうは、アミエビのダシが効いてそこそこおいしいです。 それでも、大手メーカーが出している品は良くできているんだなと再認識しました。
客はまばらだし、この客単価では、今後大丈夫かいな?という印象も受けましたが、経費も安そうなのでなんとかなるのでしょうか。

自家製カップ麺(みそ)セット 321円

7/21 まる宮商店

(赤井町)

石焼き担々麺+ライス(小)  2017年6月に大網街道の赤井交差点近くにオープンしたラーメン店のまる宮商店です。
新しい店内のカウンター席につき、お品書きを開くと、ものすごく熱そうな石焼き担々麺の写真がドーンと先頭に掲げられています。 盛夏の候、熱々の担々麺を食べて汗だくになるのも一興かと勇気をふり絞って石焼き担々麺を注文しました。
石焼き担々麺には、「ごはんと一緒に食べることをおすすめします!」だの「にんにくをいれることをおっすすめします!」だの、オプションの勧誘が書かれていたので素直にしたがってみましたよ。
熱された石の器に入ったスープは確かに熱かったけれど、栃木県方面に展開している石焼きラーメンの店「火山」よりはおとなしい熱さでした。
スープがやや単調でしたが、クラッシュニンニクを投入した効果か、体はとても暖まりました。ってか暑い!

石焼き担々麺+ライス(小) 850円+120円

7/25 なか卯蘇我店

(南町)

和風牛丼ミニ+冷しはいからうどんセット なか卯の看板をよく見ると、左側に「丼ぶり」、右側には「京風うどん」と書いてあります。 したがって、丼とうどんのセットはなか卯の王道と言えるでしょう。
というわけで、丼の代表格の和風牛丼と、うどんの代表格であるはいからうどんのセットを注文です。 はいからうどんは、関東風に言えばたぬきうどんで、シンプルにうまい。
そして和風牛丼も間違いなし。

和風牛丼ミニ+冷しはいからうどんセット
490円

7/26 CONA千葉駅前店

(富士見)

平日ランチセット(マルゲリータ) 以前「東京純豆腐」があった場所がピザ&ワインのお店に変わっています。
ピザは500円からというお手軽感あふれるお店で、興味深いと思っていたところ、ランチ営業をしているのを見かけたので入ってみました。
平日ランチセットはピザとサラダとドリンクがセットで840円というリーズナブルな価格で、マルゲリータを発注しました。 焼き立てアツアツのピザをコーラで流し込むジャンクさも、たまには悪くないものです。
(その後、平日ランチは休止のようです)

平日ランチセット(マルゲリータ) 840円

7/31 Auvin(オーヴァン)

(春日)

キッシュランチ 西千葉のマロニエ通り沿いにワイン&ダイニングをコンセプトにするお店がオープンしました。 かなり前にはイタリアンの「マッジオ」というお店があった場所だと思いますが、久しぶりに洒落たお店が入居しました。
店名のAuvinを直訳すれば「ワインと」ということになるのでしょうか。
ランチメニューはキッシュランチ、ドリア、タコライス、スパイシーチキン&サラダというラインナップの中、キッシュのランチをたのんでみましたよ。
キッシュランチは、ワンプレートにいろいろな前菜が盛られており、実にワインが欲しくなります。 午後は休みだし、クルマに乗る予定もないし、まんまとグラスワインを発注してしまいました。
極楽、極楽・・・。

キッシュランチ 1000円