2017年4月

  

4/3 九里香

(富士見)

スープ春雨 夜は火鍋、ランチはスープ春雨のお店がオープンしました。 スープ春雨はパンチがある味わいながらヘルシーなので好きな料理です。
冷蔵ショーケースから好きな具材を自分で選び取って、スープの辛さを指定するという、よくあるスタイルで、具材3品が基本料金で、1品追加するごとに100円増しになっていきます。 熟考の末選んだのは、エノキタケ、ホウレン草、水餃子、エビ団子、キクラゲの5品。
スープの辛さは店のおススメの中辛にしてみました。
程よい辛さのスープと春雨、そして選んだ5品のバランスは我ながらうまくいきました。

麻辣湯スープ春雨(具材2品追加) 700円+200円

4/4 KKDuo

(本千葉町)

ピザトースト ビルの1階に、ピザトースト、ハッシュドビーフ、ナポリタンなどのメニュー写真が貼られた看板が出ているのを見かけました。
どうやらカフェがあるようなので、エレベータで3階に上がると、Coffee&Teaの看板を掲げた入り口がありました。
入ってみると、広々としたスペースに家庭用のようなダイニングテーブルが並び、壁際には洋食器が展示されていたり、楽器が置かれていたりとなんとも捉えどころのない雰囲気です。 明るくて広いスペースに客は自分ひとり、店主もひとりという多分に気まずい空気感の中、ピザトーストをたのんでみましたよ。
注文が入れば店主は料理の準備作業があるので、ひとまず気まずい空気感は解消され、ホッとしつつスマホでニュースなどをななめ読みしながら待ちました。 運ばれてきたピザトーストは、とりあえず無難な仕上がりで意外とうまかったのでした。
食器を売っているようでもなく、スタジオ風でもなく、結局のところ何の店だか判然としませんが、レンタルスペースとカフェでやっていくようです。

ピザトースト 600円

4/5 豊源

(宮崎)

五目麺セット 少し前まで焼肉店だった場所が本格中華を名乗る豊源というお店に変わっていました。 店内の造りは和風なのに、韓国料理になったり中華料理になったりするのには事情があるのでしょう。
ランチメニューは各種定食のほか麺と半チャーハンのセットがあります。 五目麺とチャーハンのセットを注文し、ほどなく運ばれてきました。
最初にチャーハンを口に運びましたが、おやっ?と思う程度に味が薄いのです。 スープに浸して食べればなんとかいけますが、これはいかがなものか。
五目麺は普通においしくいただきましたが。

五目麺セット 780円

4/6 鮨虎

(登戸)

マグロづけ丼 ランチタイムにはちらし寿司とまぐろづけ丼がサービスメニューとして用意されているのは2009年の訪問時と同じだった。
前回はちらし寿司を選んでおいしかったので、こんどはマグロのづけ丼をたのんでみた。 旨みのある赤身に醤油ダレの塩分がちょうどよく漬かっていて、これまたうまい。
780円というお手頃価格にしてこの味は、他ではなかなか期待できないお勧めのランチだと思われます。

マグロづけ丼 780円

4/7 くいどん食堂シーワン店

(富士見)

牛ハラミねぎ塩焼きセット シーワンショッピングセンター内にある焼肉大将軍グループのくいどん食堂です。 以前は派手な色調のエクステリアでしたが、現在はブルーを基調とした落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
お品書きを見ても、おろしポン酢とか、ネギ塩とか、照り焼きチーズとか、ヘルシー感を出して女性や中高年にもアッピールをしようという魂胆が見て取れます。 そんな魂胆にまんまと乗っかって、牛ハラミのねぎ塩焼きセットという定食をたのんでみましたよ。
運ばれてきたお盆を見た第一印象が「白と緑だなあ・・・。」 焼肉の定食なのに漬物が赤い白菜キムチではないおかげで印象がずいぶん違います。
なんとなくヘルシーかもしれないなあ、という気分で(あくまでも気分で・・・)完食です。

牛ハラミねぎ塩焼きセット 930円

4/10 スワン

(蘇我)

DXピラフ(小盛り) デカ盛りブームというのがあるのかどうか、盛りの良さで一層有名になっていますが、以前から蘇我地区では定評のあるレストランのスワンです。
ごく一般的な容積の胃袋しか持ち合わせていないので、デカ盛りにチャレンジしても完食は到底困難であり、食品ロスを減らすという観点からも素直に小盛りを選んでおくことが肝要です。
というわけで、ピラフに豚の生姜焼きが乗っかっていることでデラックスの名を戴いたDXピラフを小盛で注文しました。
ワンプレートにチャーハンのようなピラフが山と盛られ、その上に生姜焼きがたっぷり乗っかっており、サラダまでもが山盛りです。 小盛りとはいっても迫力十分であり、むしろ普通のお店の大盛り程度でしょう。 濃厚でパンチのきいた味付けの生姜焼きもおいしく、お腹がいっぱいになりました。
メニューにはノーマルと小盛りのように書かれていますが、大食いではない一般人は、それぞれ「特盛」と「大盛」と読み替えたほうがいいようですよ。

DXピラフ(小盛り) 950円

4/12

(春日)

本日の定食 以前この場所には、年配の店主がひとりで切り盛りする小ぢんまりとした居酒屋があって、妙に居心地のいい空間であった記憶がある。 そんな場所に、炭焼串料理を標榜するお店が居抜きでオープンしました。
ランチメニューは、串焼きをメインとした本日の定食と焼鳥丼の2種。 9席あるカウンターの一隅に席を占め、串焼き、とりわさ、野菜煮込みとポテサラという本日の定食を選んでみましたよ。
牛タン、正肉、つくねなど、5本の串、とりわさ、そして程よく味の染みた野菜の煮物と、定食として実に程の良いラインナップであって、ごはんが進みます。 700円というお手頃価格もうれしく、さすが西千葉というお店です。

本日の定食 700円

   

 

ComingSoon