2017年1月

  

1/5 神戸カプチーノ倶楽部千葉そごう店

(新町)

3種キノコのトマトクリームスパゲティ
カプチーノ
2017年初千葉中央ランチは、そごう5階にあるコーヒーショップの神戸カプチーノ倶楽部です。 上島珈琲系列でコーヒーのおいしさはさすがです。
ランチはパスタまたはグラタンが用意されており、期間限定と書いてあったキノコのトマトクリームスパゲティをたのんでみました。
思ったよりもきのこがたっぷり入っていて、キノコの旨みに加えバルサミコ酢がかかったトマトクリームソースが濃厚でおいしく、パンとも合います。
そして、ラテアートが施されたカプチーノをいただき、2017年もマイペースでいこうと決意。

3種キノコのトマトクリームスパゲティ 1360円

1/6 こめらくペリエ千葉エキナカ店

(新千葉)

宇和島鯛のごま和え茶漬け ニュー千葉駅エキナカランチの第6弾は、お茶漬け専門店の「こめらく」です。
フードコートなどで時々見かけるお店で、最近では2016年2月に越谷レイクタウンで、古くは2004年6月に霞が関ビルで利用したことがあります。 しかしながら、店舗によってコンセプトが違うようで、千葉駅のエキナカでは「郷土のお茶漬け」を掲げ、全国各地の郷土料理をモチーフにしたお茶漬けメニューが揃っています。
千葉駅だけに、千葉代表料理として用意された、「あじのなめろう茶漬け」という選択肢も当然考えられたわけですが、なめろう茶漬けへの不安感がぬぐい切れず、間違いなさそうな鯛のごま和えを選んだのでした。
そのおかげで、やさしい出汁の味と、ごま和えがアクセントになる鯛とがマッチして、無難なおいしさにまとまっていました。
エキナカなので長居せずに、さっと食事ができれば良いという考えもあるでしょうが、あまり広くないスペースにカウンターオンリーの座席とテーブルを詰め込んだせいで、居住性は期待できませんね。

宇和島鯛のごま和え茶漬け 960円

1/10 ゴーゴーカレー千葉中央スタジアム

(本千葉町)

チキンカツカレー(ヘルシークラス) 秋葉原などで名高く、ニューヨークに店舗展開していることも話題のゴーゴーカレーが千葉にやってきました。
2010年に秋葉原店に行ったとき、千葉への進出について言及しましたが、それから6年、ようやく現実のものになりました。
黒褐色でウスターソースのような風味のここのカレーは、カツとキャベツがないとルーの濃厚さを受け止めきれないと思っているので、まずチキンカツを選択。 次にライスの量ですが、150gのソフトサイズから、250gのヘルシークラス、最大は700gのファーストクラスまで5段階で選べます。
全然ヘルシーじゃない気もしますが、ヘルシークラスにしておきましたよ。 銀色のカレー皿に一緒盛りで出てきたカレーは、これぞ金沢カレーといったビジュアルです。 ルーのスパイシーさとカツの脂の甘さが一体となって、クセになります。
さあ、高カロリーを恐れずカツカレーを堪能しましょう。

チキンカツカレー(ヘルシークラス) 730円

   

 

ComingSoon