2015年12月

  

12/1 濱嵜屋(閉店)

(末広)

背脂醤油納豆ラーメン 開店を予告する貼り紙が貼られてからかなりの日数が過ぎ、ようやくオープンにこぎつけた新店、濱嵜屋に入ってみました。
看板には「背脂醤油」と掲げられており、懐かしき背脂チャッチャ系のラーメンで勝負するようです。
食券の自販機にはたくさんのボタンが並んでいますが、要は背脂醤油のスープとトッピングのバリエーションです。 味玉、ねぎ、チャーシューと、定番トッピングのボタンが並ぶ一番右に納豆ラーメンというボタンがあるのに目が留まり、吸い寄せられるようにボタンを押下してしまいました。
甘みが旨さに通じる背脂たっぷりのスープは懐かしくも新鮮なおいしさです。
納豆のトッピングも意外に悪くないというか納豆好きにはおすすめできますね。

背脂醤油納豆ラーメン 780円

12/3 山傳丸千葉中央店

(富士見)

天丼 2015年10月にいったん閉店した山傳丸とWOTAKAバルの2店舗分のスペースをぶち抜いて、新しい山傳丸千葉中央店がリニューアルオープンしました。 雰囲気は以前の店舗の感じを引き継ぎ、店内はより広くてゆったりとしています。
ランチメニューは魚介の丼または定食各種が揃っており、「驚きのボリューム」とあった天丼をたのんでみましたよ。
丼から大幅にはみ出る穴子はインパクト十分ですが、丼ツユが少なかったり、油切れの悪さから来る衣の重さが気になりました。 天ぷらの揚げ方さえ進化すればお勧めできるようになることでしょう。

天丼 880円

12/8 Dining絆

(長洲)

皿うどん 本千葉駅そばのダイニング絆のちゃんぽんは気に入っています。
皿うどんはまだ食べたことがなかったのでたのんでみました。
細い揚げそばに野菜のあんがかかっているのをパリパリといただくのが皿うどんのおいしさです。 お店がお勧めする通な食べ方は、酢、からし、しょうがを合わせていただくという方法ですが、そのままでもいいし、長崎風にソースをかけてもおいしくいただけます。
皿うどんもうまいですね。

皿うどん 864円

12/9 パスピエ

(富士見)

えびたま丼 このお店に前回やってきたのは、まだ建物が「ぱるるプラザ」と呼ばれていた2007年2月でした。 久しぶりの訪問ですが、印象は8年前とあまり変わりません。
本日のランチやカレー、パスタなど、洋食メニューが並ぶ中にあって、10食限定というえび玉丼が異彩を放っていたのでたのんでみましたよ。
えびたま丼は有頭えびフライ2本の卵とじの丼です。 カツ丼的味付けのエビフライ版ですから、概ねうまいに決まっています。
これにサラダバーにドリンクがついて、ゆっくり過ごして980円。 まあ、妥当な満足感でした。

えびたま丼 980円

12/11 一風堂千葉中央店

(富士見)

白丸元味 なんだかんだで人気のあるラーメン店一風堂が店内改装したので、改めて行ってみました。
注文したのは久しぶりの白丸元味です。
これをいただくのはひさしぶりなので、もはや懐かしい味と言ってもいいでしょう。

白丸元味 790円

12/14 タウンバル四川

(新千葉)

日替わりランチB(葱爆鶏丁) いまひとつ(ひとつどころではないか・・・)パッとしない千葉駅西口のウエストリオ1階にタウンバル四川というお店がひっそりとオープンしていました。 何度か通りかかり、夜だけの営業だと思っていましたが、いつしかランチ営業を始めていたのでさっそく突撃です。
ランチメニューは日替わりの定食が2種のみというシンプルきわまりないスタイルで、Aが春雨葱炒、Bが葱爆鶏丁でした。 食材と調理法はなんとなくわかりますが、どんな味付けかは、まったくわかりません。 けれども、店名に四川が入っているだけに辛い料理だろうと思い込んでBランチをたのんでみましたよ。
葱爆鶏丁は、それほどスパイシーではなく、甘辛くて食べやすい味付けがごはんに合います。 小鉢にミニ麻婆豆腐も付いてきましたが、これまた日本向けアレンジなのか、刺激的な麻辣感はなく食べやすい味でした。
もっと刺激的にしてもいいのかな、と思いますが、駅ビル内で600円というお値段ならアリかもしれません。

日替わりランチB(葱爆鶏丁) 600円

12/15 景福(閉店)

(中央)

ロースとんかつ定食(120g) モノレールの沿線で以前は居酒屋だった場所にとんかつ専門店「景福」がオープンしました。
ランチタイムにはカツ丼550円が目玉メニューになっていますが、東庄町のブランド豚である「東の匠SPF豚」のロースかつも推されています。 せっかくなので地元千葉のブランド豚に敬意を払ってロースかつをたのんでみましたよ。
ざっくりした衣と厚切りロース肉のとんかつは、旨みのある脂と肉質で、期待通りのおいしさでした。

ロースとんかつ定食(120g) 1300円

12/17 おいで屋

(長洲)

新潟風たれかつ丼ランチ 本千葉駅前にあるおいで屋さんは、お手頃価格のランチで支持を集めているようです。 この日訪問時には、4種のうち2種のメニューが売り切れになっていました。
カウンターの端に席を占め、注文可能だった新潟風たれかつ丼を注文しました。 甘辛い醤油ダレをまとったカツが乗る新潟風たれかつ丼は、肉こそ薄いけれど、タレのおいしさでごはんが進みます。
丼ものはタレの味が大事ということがよくわかります。

新潟風たれかつ丼ランチ 650円